会社概要
会社概要
会社名 株式会社 はと屋
代表者 鳥山 欽示
所在地 〒445-0861 愛知県西尾市吾妻町21番地1
創業年 文久元年
取扱品目 豆みそ、たまり、白しょうゆ、調味料
電話番号 0563-56-7373
FAX番号 0563-56-8048

Company Hatoya inc.
CEO Kinji Toriyama
Add 21-1 Agatsuma-cho, Nishio-shi, Aichi-ken, JAPAN 445-0861
Since 1861-
Handling Bean miso, rich soy sauce, white soy sauce, seasoning
概要イメージ
はと屋とは?
歴史ある西尾市には、伝統的な食文化も多く受け継がれています。
はと屋は、こだわりの素材と麹を使った昔ながらの製法で味噌を作り続けています。
「味噌は人間ではなく、麹菌が作るもの」を念頭に置いて、味噌作りの要となる麹作りは重要な仕事のひとつ。
麹菌が働きやすい環境を整えてあげることが、私たちの役目。現代のテクノロジーに頼らなくても、自然と人間の間でおいしい味噌はできあがります。
また、味噌を始めとするしょうゆ、調味料などの醸造品、醸造加工品は毎日の暮らしにかかせないものです。
そんな大切な食品に日々関わらせていただいている事を誇りに思います。
はとやイメージ
「みそぱーく」とは?
こんにちは、みそぱーくです。
“醸する”をテーマに誕生した、日本発の醸しライフスタイルテーマパークです。
味噌や醤油、ドレッシング等の調味料、お米を発酵させて作る甘酒…毎日の生活の中に、微生物の力をかりて生まれたものが多くあります。
施設内には味噌蔵の見学や、ギャラリー、醸しの体験教室や、工場直売の美味しい醸造加工品の直売所等など…。
ココロとカラダ、風土にも優しい、素敵な醸しの贈り物たちがぎゅっと詰まっています。
私たちの暮らしに寄り添う醸しの世界へ、ようこそ。
みそぱーくイメージ
味噌を楽しむ「みそぱーく」

「みそぱーく」とは、文久元年(1861年)創業の醸造元はと屋が運営する味噌・醤油を楽しむテーマパークです。
味噌料理が楽しめるレストラン、味噌蔵の見学、様々な体験が楽しめる体験館(要予約)、
味噌・醤油をお買い求めいただける直売所、はと屋の歴史を紹介する資料庫、大駐車場を完備しています。
名鉄西尾駅からも徒歩7分と近距離。少し足を伸ばせば城下町西尾がしのばれる城址公園も楽しめます。
日本のソウルフードである味噌を「食べる、見る、体験する、買う、勉強する」五感で楽しめます。

案内図
味噌蔵
創業文久元年。愛知の特産、豆味噌を19世紀後半から造っている味噌蔵です。昔ながらの製法で仕込む杉の木桶が並ぶ蔵空間は昔にタイムスリップしたかの様です。
事務所
総合お問い合わせ先です。お手洗い完備。
蔵売店(直売店)
老舗のはとやの代表的な醸造商品と、プレミア新ブランドの「ミツヤマシリーズ」等を工場直売価格でお得に購入できます。
ビュッフェ「伝」
弊社の自家製味噌やしょうゆなどの醸造品で作った美味しいおかずが所狭しと並びます。本格派の味と共に、醸しを活かした素材の美味しさを十分に味わえます。
体験館
みそまるやドレッシング調理体験ほか、醸しの世界を堪能できる「麹」をつかった体験教室。(随時更新)
レンタルスペース(事務所2階)
木の温もりで囲まれた最大12名のレンタルスペース。会議や懇親会にご利用できます。出張料理人によるケータリングも手配可能です。
※駐車場無料 ※事務所レンタル料:1h2000円~
傳の蔵
古民家を活かしたBar。
はと屋歴史館(準備中)
明治・大正時代の伝統的な、はとや謹製の手ぬぐい達。昭和初期の交流のあった経営者たちの「宝船」の絵による交流の証を特別展示。昔ながらの企業の空気を感じて下さい。